BMW6シリーズの弱点や故障、【部品屋の視点】で解説するよ

BMW6シリーズ 中古

 

優雅でラグジュアリーな
伸びやかなラインを描くデザインに

滑らかで爽快な
フィールが融合した1台・・・

BMW6シリーズ!

BMW6シリーズ 評価
BMW6シリーズ 内装

 

そんなBMW6シリーズの
中古相場をチェックしてみると、

シルキーシックス
直6エンジンを搭載した
BMW640iのクーペやグランクーペの
そこまで走ってない中古車が

コミコミ300万以下で見つかるような
元々が1000万オーバーの価格を考えると
非常にお買い得な中古相場だな~と!

BMW6シリーズ 価格

 

ただ、E63系の6シリーズは
2003年(平成15年)に登場、

F13系の6シリーズも
2011年(平成23年)に登場と
年数のたってきている中古車も多いだけに

あなたもBMW6シリーズを
中古で狙っているなら気になるのは

買ってから急に故障しないか
っていうことじゃないでしょうか?!
もしこれが初めての外車、BMWならなおのことですよね!

 

今回はBMW6シリーズを
中古で狙っているなら注意したい
故障や弱点といった部分を

「部品屋の視点」
解説していきますよ~!

 





 

 

弱点①:エアコンの故障

カーエアコン参考画像

BMW6シリーズで注意したい
春~秋には整備工場さんからの
お問い合わせが意外とある
弱点な部品なのが・・・

・エアコンのコンプレッサー

エアコンのガスを圧縮するのが
このコンプレッサーですが、

経年劣化によるコンプレッサーの
焼付きや異音といったトラブルが
避けられない状況にあり

年数のたった、距離を走った
BMW6シリーズの中古車では

いつ壊れてもおかしくない
状況であるといえます。

カーエアコン参考画像

 

エアコンをよく使う時期である
春~秋にかけて特に故障が多く

このエアコンのコンプレッサーの
お問い合わせも増えますが、

注意したいのが
修理代が高いということ。

上の画像にもあるように
エアコンはシステムで成り立っていて

コンプレッサーが焼付いたり
異音がでたりと故障したからといって

コンプレッサーそれだけを
交換すればいいっていうような
単純な話しじゃありません・・・

カーエアコンシステム部品 参考画像

主に故障の原因になるのが
エキスパンションバルブという
髪の毛の細さ程度しかない
霧吹き器のノズル部分だったり、

リキッドタンクとよばれる
フィルターの役目がある部分で
スラッジなどが詰まり

異常高圧⇒コンプレッサーが故障
といった流れになることが多いので

コンプレッサーや関連したパーツの
部品代+工賃+ガス代と加わっていくと
30万や40万が飛んでいきます!
焼付きやロックでコンプレッサー内部の削れカスがシステム内に回っちゃうとコンデンサーの交換や、配管も全部外して清掃など大事になっちゃいます・・・

 

 

弱点②:オルタネーター(発電機)

オルタネーター 発電機

次にBMW6シリーズの
中古を買ったら注意したい
弱点な部品が・・・オルタネーター!

オルタネーターはバッテリーに
電気を供給する発電機ですが

発電時はキンキンに熱くなるため
経年劣化による故障が避けられません。

こちらも熱の影響なのか
エアコンのコンプレッサーと同じく

特に夏場の暑い時期は
整備工場さんからのお問合せが多く

修理交換となれば
安価な社外新品で交換しても
10万コース覚悟の高額修理ですし、

そもそもオルタネーターが故障して
発電不良になればバッテリーがあがって

レッカー呼んだりしたり
バッテリーも交換して・・・など
なにかと費用がかさみがちです!

 

 

弱点③:BMW623dグランツーリスモで故障が避けられない部品とは

BMW623d 中古

 

2リッターの小さな排気量から
40.8kgmものビッグトルクの
余裕あるパワーを発揮しながら

ガソリンに比べ安い
軽油の燃料代と低燃費が魅力的な

クリーンディーゼルを搭載した
BMW623dグランツーリスモ。

しかしあなたが中古で
BMW623dを狙っているなら

ディーゼル関係部品の
経年劣化による不具合・トラブルは
要注意なポイントであります!

クリーンディーゼル関連部品の参考画像

 

クリーンディーゼルの車は
普通のガソリン車などにはない

・噴射ポンプ

・コモンレール

・インジェクター

・DPF(微粒子捕集フィルター)

・尿素SCR関係

などクリーンディーゼル特有の
部品が数多く採用されていますが

これらの部品が故障すると
30万や40万がすぐ飛ぶような
どえらい修理代に発展して

燃費がよくて浮いた燃料代など
一瞬にして水の泡となります・・・

クリーンディーゼル 注意点

そしてクリーンディーゼルは
従来のディーゼル車よりも
超高圧で燃料を供給したり

非常に高い精度で制御したりと
何かと過酷な使用環境にあり

経年劣化によるトラブルは
フツーのガソリン車に比べると

リスクが高いといっても
過言ではありません。

で、困ったことにこの手の
クリーンディーゼル関係の部品は
元々新品定価が高いことに加え

安価なリビルト品などがまだ少なく
どうしても修理代が高くなりがちです。

このようなことから故障した際に
「修理代が高くつく」というのが

クリーンディーゼルの最大の弱点
と言っても過言ではありません!

※先日某メーカーのディーラー担当者と話をしている時に排ガスを浄化する「尿素」が白く結晶化してエンジンチェックランプが点灯する不具合で入庫しているクルマがあるということで。

どうやらそのオーナーさん、長時間のアイドリングや普段走る時もスピード出さずに低回転ばかりで走ってるそうでその結果として尿素が結晶化してしまったらしく。

こんなトラブルもあるようなので長時間のアイドリングは控えたまにはエンジン回転数を上げて走ることも意識するのがいいかもしれませんね^^

 

 

弱点④:ラジエターからの水漏れ

ラジエター 参考画像

経年劣化によるトラブルが避けられず
こちらも整備工場さんなどから

お問い合わせが
ちょこまかくるラジエター。

安価な社外新品のラジエターで
修理・交換するにしても

ラジエター本体だけでなく
ホース類などの周辺パーツ代、

冷却水代、交換工賃と加わって
20万コースは覚悟の高額修理に!

 

で、このラジエターのトラブルは
厄介なことに走行距離が浅くとも

年数がたったことによる経年劣化
急にトラブルが発生するので
注意したいところです・・・!

私自身も、10年選手だけど3万kmの距離浅な中古車で急に水漏れが発生し困った経験が・・・昨日までは何ともなかったのに朝乗ろうと駐車場に行ったら地面にクーラントが漏れてて・・・(泣)

急にきます、ラジエターの水漏れ!

マセラティ クアトロポルテ 不具合

 

 

注意点①:エンジンの中はキレイ?!

エンジン内部の汚れ

 

BMW6シリーズの中古を
購入するなら注意したい、
買う前に必ず確認したいのが

エンジン内部が上の画像のように
汚なくなってないかということ。

オイル交換をサボっていると
こんなふうに内部にスラッジがたまり

エンジンが焼付いてしまったり
とんでもない状況に発展する危険性が!

整備工場さんから国産車の中古エンジンの問い合わせを受けた時に在庫状況を調べていると、15万kmとか距離を走っていてもエンジンの中がホントにキレイでオイル交換ちゃんとしてたんだろうな~っていうのもあれば、5~6万kmぐらいでもスラッジやオイル焼けで中が汚くてなんじゃこりゃっていうのもあります!

 

そのためお目当ての
BMW6シリーズの中古があるなら
購入前に必ず確認したいのが

オイルフィラーキャップを開けて
キャップの裏やエンジンの内部
汚れていないかということ。

エンジン内部の汚れ
ドロドロなヘドロみたいなスラッジがついてたらちょっとヤバイです、そのクルマ!

 

もしこれをしっかり確認せず
エンジンの中がひどい個体を
あなたが中古で買ってしまったら

後々エンジン焼付きなど高額故障の
リスクがあなたに降りかかってきます!

特にBMW640iをはじめターボ車の場合はオイルメンテナンスが適切にされていない中古車を買ってしまったらタービンブローなどターボ関係の故障リスクも!

ターボの参考画像

 

また、オイル交換もされず
「乗りっぱなし」にされてたような

愛情なく乗られていた
中古車をつかんでしまったら

後になってからいろいろと
トラブルが出る可能性があるので
用心したいところ・・・

以前、とあるマセラティの中古車を見に行ったときのこと。ネットの画像ではクルマもイイ感じできれいだったのに実際に現車を目の前にしたらけっこうキズやらうっすら凹みがあったり、タイヤもボロボロだし荒れた感じで。もしやと思いボンネットを開けてオイルキャップ外してみたら中は真っ黒&キャップにはスラッジで!ホントこのクルマ買ったらヤバイなって感じでした~

この手のクルマでも意外とメンテナンスがちゃんとされてなくてズボラに乗られてたようなのもあるので注意したいところです!

BMW640i 中古車

 

中古車のいわゆる
「当たり」「ハズレ」って
愛情もって乗られていたかが
大きく関与していると思います。

オイル交換のような
基本的なメンテナンスさえ
されていなかったようなクルマだと

下駄がわりにラフに運転されて
大切にされてなかったなんてことも
想像できてしまいます。

そんな状況ではなにかとヤレ
劣化がでてしまいがちですので、

ハズレをつかまないためにも
エンジンの中がキレイかどうかや

オイル交換とかがされていたかを
当たり、ハズレの判断材料の一つとして
チェックするのがおススメです^^

あと自分が中古車を買うときにチェックするポイントは座席のサポート部分とかにひどいシワやヨレ、擦れたり劣化がないかってのはよく見ます。

こういった部分も前述したような
「愛されていたかどうか」
「丁寧に乗られていたか」
がわかる
ポイントだと思っていますので。

オイル交換

 

 

注意②:BMW640iカブリオレは床下から異音⇒走行不能の危険性

BMW6シリーズカブリオレ 中古車

 

平成22年12/9~23年4/20
の期間に輸入された
LW30:640iカブリオレは、

後輪へ動力を伝えるプロペラシャフトと
トランスミッションを接続する

ジョイントディスクの製造が不適切で
強度が不足しているものがあり

駆動トルクによりディスクが破損し
走行中に異音が発生したり

プロペラシャフトが脱落し
走行不能になる危険性があることから

リコールがアナウンスされた
経緯があります。

 

【国土交通省リコール情報】
https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002652.html

 

BMW 異音 走行不能 リコール

 

このリコールの改善措置としては
ジョイントディスク部分を

アルミ製からゴム製に交換する

といった措置がとられていますが、

このトラブルは他車種も含め
実際に少なくとも1件発生して
リコールになっていますし

異音が発生し、走行不能になる
危険性がある非常に恐い内容なだけに

あなたが狙っている
BMW640iカブリオレの中古が
リコールに該当する個体なら

改善措置を受けたかどうか
しっかり確認するのが安心です。

 

でも「改善措置」なんて
別に確認なんかしなくたって
ちゃんとやってんじゃないの?

 

そう思うかもしれませんが
それがですね、そうでもないんです。

普段整備工場さんから
部品の問い合わせがきた時に
依頼された部品を調べてると

あれ?これリコールになってますよ

サービスキャンペーン対象なので
ディーラーに行けばタダですよ

なんてご案内することが
ちょこまかあります。

どんな経緯で改善措置を受けていない
状況になってしまったかは不明ですが

こういったやり取りも
日々の仕事の中で少なくないので

店頭で販売されている中古車が
必ずしもリコールの改善措置を
受けているとは限りません。

あなたが狙っている
BMW640iカブリオレの中古車が
リコールに該当する期間のクルマなら

購入前にしっかりチェックするのが
おススメですし、安心です!

 

 

注意点③:BMW6シリーズはぶつけると高くつく!

板金修理

 

BMW6シリーズの中古を買ったら
ホントに注意したいのが

「ぶつけると修理代が高い」

ということ!

クルマはぶつけて壊せば
修理代が高くつくものですが、

それでもドアやバンパーなど
同色の中古部品が見つかれば

鈑金・塗装で修理するよりも
大幅に修理代を圧縮できます。

しかしBMW6シリーズは
ドアやバンパー、ヘッドライト、
ドアミラーなどといった

ありとあらゆる外装部品の中古が
なかなか見つからない状況です。

 

メジャーどころのBMWとは言え
国産車と比べればどうしても
絶対数が少ないので

その結果としてバンパーなどの
中古部品が流通しないという
困った状況にあります。

変わった色、珍しいカラーだとホント絶望的です!

 

で、困ったことに外車は
部品代が国産車と比べて高く

すぐに40万や50万が飛ぶような
修理代になってしまいます・・・

 

BMW6シリーズの中古車価格は
国産車とあまりかわらないような
水準になっている状況ですが

こういった「部品代」を観察すると
やはり外車は外車という感じです・・・

バンパーなんかは元々の部品価格が高いだけでなく国産車と違って新品のバンパーを取り寄せても「色が塗られていない」ことがほとんどなので塗装代も別途必要となって大変なことに!

板金修理

 

先日、某外車ディーラーで自損事故で入庫しているクルマがあったのですが、担当氏に話を聞いてみたらそのオーナーさん、「車両保険は入っていたものの、月々の保険料を節約するために【車両 対 車両】の事故にしか対応しない契約にしちゃってて・・・」ということで

100万近い修理代の自己負担になっちゃったんだとか!別にそんなにひどいキズには見えなかったけどボディカラーも特別色の深みのあるパールで、その塗装もあって高くついちゃって~なんてことも言ってました・・・

BMW6シリーズをはじめ、この手の高級車はやはり転ばぬ先の杖として自損事故も含めしっかりカバーしてくれる車両保険に入っておくのが安心と言えそうです^^(車両保険に入っておけば車両盗難のカバーもしてもらえますし!)

 

 

注意点④:雨漏り、水漏れで床下が浸水!

BMW6シリーズ 注意点

 

F系のBMW6シリーズで
持病とも言える雨漏り、水漏れで
床下がびしょ濡れに浸水するトラブル。

この雨漏り、水漏れの
発生原因として多いのは

①エンジンルーム隔壁の
ステアリングシャフトめくらキャップ

②ドアの内張内部の剝がれや劣化

 

まず①は、右ハンドルの
640iや650iで要注意。

BMW 水漏れ 雨漏り

 

上のイメージ画像のように
右ハンドル化に伴い

左ハンドルのステアリングシャフトが
元々貫通していた部分は穴が開きますが、

その穴をふさぐためのメクラ蓋部分から
雨水が侵入して助手席の足元が浸水し、

さらに進行すると左後席の足元まで
ビチョビチョになるぐらいに
水が溜まって・・・となってしまいます!

BMW 水漏れ
ステアリングシャフトの穴をふさぐためのメクラキャップ。上の画像の左側のキャップは元々車両についていた古いキャップですが、どうやらこのキャップがある部分が袋状になっていて「水抜き穴」が埃などで詰まって水が溜まり、劣化したキャップの隙間から水が室内に侵入するようで。。。キャップの下半分が黒ずんでいるのが水がたまっていた状況を物語っています・・・

 

次に雨漏り、水漏れする原因の
ドア内張の内側の劣化や剝がれ。

BMW ドア 水漏れ

 

上のイメージ画像のように
ドアの内側のシーリングが劣化して
剥がれたりすることで水が室内に入り

フロアマットがグチャグチャになるぐらい
水たまりになってしまうことも・・・

F系のBMWは室内の雨漏り、水漏れは
定番の持病とも言うべきトラブルなだけに

あなたも狙っている
F系BMW6シリーズの中古があるなら

フロアマットなどを触ってみて
湿っていないかどうかを
しっかり確認したいところです。

 

雨漏りしている中古車を買っちゃうと
カビ臭さといったニオイの問題だけでなく

車体のサビや床下の電気配線類の劣化など
厄介なことに見舞われますので・・・
特に前席の足元に配置されている4WSのユニットがこの雨漏りで浸水して壊れてしまうと、部品代だけで20万コースとちょっと痛い出費に!

 

もし水漏れ、雨漏りの気配があるなら
ステアリングシャフトキャップの
交換修理で3~4万程度、

ドア内張などの水漏れ修理で
3~4万程度とそこまで費用は
高額にはならないので

しっかり補修するのがおススメです。

 

 

注意点⑤:カスタムされたBMW6シリーズの中古車

BMW6シリーズ 改造車

 

BMW6シリーズの
中古車情報を見ていると

アルミやローダウン、マフラー、
エアロなどバリッとキマってて

いいね~、わかってるね~^^

と思ってしまうような
カスタム&ドレスアップされた
中古車もよくでていますが、

そんなカスタムされた
BMW6シリーズの中古車を
購入するなら注意したいのが

・車検に適合したカスタムか

・カスタムされた部分の
純正部品は残されているか

っていうこと。

 

もし車検に適合しない
カスタムがいろいろとされていて
純正パーツも残されていなかったら

車検を通す際や故障した時に
非常に困った状況に陥ります。

BMW6シリーズは
純正の中古パーツを探しても
なかなか見つからない状況ですし、

新品の純正部品は
思いのほか高額です。

 

そのためカスタムした部分を
元に戻さないと車検が通せないと
指摘されてしまった場合

泣く泣く高額な新品で
部品交換する羽目に・・・
10万や20万がすぐ飛んでいくような!

 

【※車検対応マフラーでも要注意!】
先日、仲のいい整備工場さんからマフラーのお問い合わせがきたのですが、お客さんのクルマには車検対応のマフラーがついてはいるものの経年劣化で音量が大きくなってしまい交換しないと車検がダメだから中古でマフラー探して~とお問い合わせがきたことが!

BMW6シリーズ カスタム

【※ヘッドライトやテールランプの「塗装」にも注意!】
整備工場さんから意外と多いのが、表面を黒く塗装してブラックアウトされたヘッドライトの塗装が落とせなくて車検に通せないから安い中古ヘッドライト探して~っていうお問い合わせ。

ヘッドライトやテールランプを塗装してブラックアウトしているカスタム車両はこんな落とし穴があるので注意したいところです・・・

 

このようなリスクがあるだけに
ローダウンなどカスタムされた
BMW6シリーズの中古を買うなら

車検に適合したカスタムか

カスタムされた部分の
純正部品は残されているか

ということは
しっかり確認してから
購入するのが安心です^^

※個人的に困ったのは「社外アルミ」。以前カスタムされたC7のコルベットを買ったんですが車検がきたときにホイール替えないと車検通らないよ~って言われて困ったことが。”なんちゃらフォージド”ってかっこいいホイールだったんですが、認証マークがないだかで車検NGらしくって。。。こんなこともあるので社外アルミもご注意くださいませ~^^

コルベット C7 評価

 

 

⇒BMW6シリーズの中古、故障リスクを回避するには

BMW6シリーズ 維持費

 

ここまでお話してきたように
BMW6シリーズの中古車には

いろいろ注意したい弱点ともいうべき
不具合の多い部品がありますが

距離を走った中古車であれば
いつ故障が起きてもおかしくない
状況なのは認識しておきたいところ。

前述したエアコンのコンプレッサーや
発電機であるオルタネーター以外にも
たとえば・・・

・セルモーター(スターター)
セルモーターの参考画像

・ATミッション
オートマ 参考画像

・パワステ関係
パワステギヤボックス 参考画像

・センサー部品
センサー部品の参考画像

・ドアミラーやパワーウインド関係
BMW6シリーズ 故障

・ヘッドライト
BMW6シリーズ 不具合
ヘッドライトに不具合がでようものなら超高額な【ヘッドライト丸ごと交換】のリスクが!(個人的にも640iグランクーペの中古車で納車翌日にポーンっていう恐怖のお知らせ音とともに「ロービーム異常」という警告表示がされてLEDヘッドライト交換⇒50万コースの修理代になったことが!)

・ナビなど電装品etc.
BMW6シリーズ 純正ナビ
先日某ディーラー担当者と話しをしてたところ、純正ナビの画面が真っ黒=ブラックアウトの故障で入庫してるF系BMW7シリーズがいたんですが、どうやら修理に50万コースらしく・・・恐ろしや!

 

と、経年劣化によって
故障が避けられない部品が
いろいろ潜んでいますが

あなたがBMW6シリーズの中古を
買ってから急に故障する可能性も
ゼロではありません。。。
こればっかりはホントわかりません・・・

BMW6シリーズ グランクーペ

 

このようなリスクを回避するために
検討して損はないのが「保証」

中古車販売店が独自に保証を
設定しているケースもありますし、

カーセンサーやグーといった媒体が
中古車に有償で保証をつけることも。

万一の不具合が発生した際に
保証でカバーしてもらえれば

修理代を自腹で払うことなく
クルマを直してもらえちゃうので

多少のコストがかかったとしても
保険として保証をつけるという
選択肢もアリだと思います。

※一般ユーザーさんからメールで問い合わせが来る時に「中古車を買って2週間ですが故障してしてしまいましたが修理代の見積もりが20万近くって言われ・・・保証を付けてなかったので自費で修理になります。そのため安いリビルト品を探してます」なんてメッセージが添えられてることも少なくありませんので!

 

※また、中古車販売店の保証に加え自動車保険でも「故障保証」を月々わずかな費用で受けられるものもあるので検討する価値ありだと思います^^

 

 

⇒BMW6シリーズの中古を買う前にもう一つだけ確認しておきたいこと

BMW640i 価格

 

BMW6シリーズの中古を
購入するなら気をつけたい

・エアコンの故障

・オルタネーターの故障

・BMW623dの注意点

・エンジンの中はキレイか?

・異音、走行不能の危険性

・ぶつけると高くつく

・雨漏りで床下がびちょ濡れ

・カスタムされた中古車

 

など弱点や注意点のことを
部品屋の視点でお伝えし、
リスク回避のこともお話ししました。

あと残るは狙っている
BMW6シリーズの中古があるなら

どうすれば少しでも安く買えるか
っていうことですよね^^

BMW640i グランクーペ

 

中古車の場合は新車と違って
値引きといった概念がありませんし
もし値引きしてくれる中古車があれば

それは元々その分を見越して
車両価格が高めに設定されていると
考えてもいいと思います。

ではどうやって狙っている
BMW6シリーズの中古を安く買うか。

それはやっぱり

いま乗っているクルマを
高く買い取ってもらうこと

に尽きると思います。

中古車 買取

 

自分もいまの部品屋の会社を
立ち上げて1年たった時に

やっと軌道に乗ってきたから
クルマ買い替えるか~と思って
ネットの中古車情報を見てたら

前から欲しかった
スカイラインクーペの中古が

クルマで小一時間くらいの
近所にいいのがでてたんです^^

走行距離も1万㎞ちょっと、
ブレーキキャリパーが
対向4POTにカスタムされてて!

その時に乗ってた車は
新車で買って13年のアコード。

たしか13万㎞位走ってて
まあ過走行の部類ではあったんですが

6MTのスポーツグレードで
根強い人気があるモデルだから

10万や15万にはなるかな~
なんて考えてたんです。

で、スカイラインを見に行った時に
お店の人に下取りを聞いてみると

10年超えてるクルマは
ウチでは買取できないんですよね

なんてことを言われ!
乗ってきた車を見もしないでバッサリでしたし・・・

 

まさか下取りがゼロとは
想像もしてなかったんで
これはけっこうショックで・・・

でも見に行ったクルマ
バリモノだったしどうしても欲しい、

だけど月々のローンは安くしないと
軌道に乗ったとはいえまだ綱渡りな
起業1年目なだけに恐いし。

そこで役に立ったのが無料一括査定。

買取できないなんて言われた
いままで乗ってきた13年落ちの車が
ホントに価値がないのか

ネットの一括査定で
ためしに確認してみたんです。

で、何社か回答きたのが
30万~40万!

これだけでもゼロ円からすると
とんでもなくいいですよね^^

でもこの時は結局
45万で買い取ってもらえました!

買取してくれた業者さん、
アコードの中古車を若いお客さんから
探してとバックオーダー受けてて

ちょうど自分のアコードが
そのお客さんの希望にあうとのことで
どうしても売って欲しいと。

で、45万で買い取ってもらえたから
無事お目当てのスカイラインクーペに
乗り換えすることができました^^

CPV35

 

この後もいろいろ乗換えましたが
結局のところ一括査定をお願いするのが
一番高く売れる印象があります。

もしあなたも狙っている
BMW6シリーズの中古があるなら

1~2分くらいの入力で
買取相場がチェックできるので
試してみる価値、アリだと思います。

いま乗っているクルマが
想像以上に買取相場が高ければ
高いうちに買い取ってもらって

お目当てのBMW6シリーズに
予定を前倒で乗り換えることも
できちゃいますしね^^

まずはあなたも愛車の買取相場、
チェックしてはいかがでしょうか!?

愛車を一括査定に依頼してみる
↓   ↓   ↓